Loading

SPORTS CLUB SAGAMIHARA
SPORTS CLUB SAGAMIHARA
SPORTS CLUB SAGAMIHARA

ABOUT TEAM

SC相模原は日本代表選手の経歴がある元Jリーガー望月重良(現:代表取締役会長)が、神奈川県相模原市を拠点とするクラブとしてゼロから立ち上げたサッカークラブ。神奈川県相模原市・海老名市・綾瀬市・座間市・愛川町の5つの自治体をホームタウンとして活動している。ホームスタジアムは相模原ギオンスタジアム。DeNAは2021年2月に運営会社の株式を取得し経営に参画した。 エンブレムの六角形は、地域の特徴である工業を支えるボルトがモチーフで、展開、発展を意味している。5つの星は、2007年に合併した旧津久井郡の4町(津久井、城山、藤野、相模湖)と相模原を表し、中央には市鳥のひばりが描かれている。

創設から6年でJリーグ参入

クラブ創設となる2008年、神奈川県リーグ3部から活動を開始し、その年に優勝。毎年、所属カテゴリーでの優勝を続け、 2013年にはアマチュアの全国リーグである日本フットボールリーグ(JFL)に昇格。創設からわずか6年後となる2014年にJリーグ参入を果たした。
その後、J3において7シーズン目となる2020年には、クラブ初となる「J2ライセンス」を取得するとともに、同年リーグ2位の結果を勝ち取りJ2昇格を決めた。
DeNAが経営参画を開始した2021年、競合ひしめくJ2へ初挑戦するも、22チーム中4チームが降格という厳しい条件下での激しい残留争いの末、19位の結果に。

ENERGY FOOTBALL

2022年の新たなゲームモデル、クラブアイデンティティは「ENERGY FOOTBALL」。スピーディーでダイナミック、アグレッシブなフットボールの提供を目指している。またこのコンセプトのもと、一貫性を持たせて観戦体験もアップデートし、着実にファンベースを拡大させている。

NEWS

OTHER BRANDS